第8回 ツムハコ アレンジ編


前回は「ツムハコ」の組み立て基本編でしたが、今回はアレンジ編をご紹介いたします。
アレンジ11
こんなこともできるんだ!と思ったら、あんなこともやってみよう!と思えるヒントがきっと見つかるはずです。
賃貸物件でも実践することができるものもありますよ。


ツムハコバナー1

ツムハコのページへ>>

ツムハコ プチアレンジ

ツムハコは金属製のハコ。マグネットがピタッとつくので、蓋に可愛いマグネットを貼ったり、ポストカードや写真を飾ったりすることができます。

蓋を開ければ小さな収納になっているので中にこっそりへそくりを入れたりしても…。
アレンジ1

蓋を少しずらして内部に電源タップを設置すれば、ゴチャゴチャになりがちな充電コード類を収納できてスッキリ!

こうすることでコード類が気にならなくなりました。
アレンジ2

ツムハコで作る本格アレンジ!コーヒーテーブル(隠し収納付き)

アレンジ3
*使用するもの
600mm角カラー天板(ホームセンターなどで購入。厚めの合板に色を塗っても可)、ツムハコ ホワイト(H=300)×4個、電動ドリルドライバー、マスキングテープなど
アレンジ4

1.天板の裏面に対角線状にマスキングテープを貼り、ツムハコを仮置きします。

ツムハコはマグネットが付いている方が底板の真下にくるように置きます。

角から50〜60mm内側を測り、対角線上に2つのツムハコがバランスの良くなるよう配置を決めます。
アレンジ5

2.位置が決まったら4箇所のネジ穴にマジックで印をつけます。
アレンジ6

3.仮置きしたツムハコを一度外して、印をつけたネジ穴全てに3 mmドリルビットで下穴を開けたら付属のネジで留めます。

その際にツムハコに多用途用両面テープを貼っておくと、よりしっかりと固定することができるのでオススメです。
アレンジ7
アレンジ8

4.2つの対角線上に4つのツムハコを固定するとこんな感じです!
アレンジ9

5.ツムハコに付属されている鉄板の蓋を取り付けたら完成!蓋はマグネットによって簡単に取り付け、取り外しができますので、ちょっとした隠し収納にもなります。

フローリングを傷つけないように底面にフェルトを貼っておくと良いです。
アレンジ10

ツムハコで作る本格アレンジ!ナチュラルなキャスター付きミニワゴン

アレンジ11

*使用するもの
ニュージーパイン®ナチュラル(幅600×奥行250×厚み18)x2枚、ツムハコ ブラック(H=240)×2個、キャスター×4個(自在車×2、固定車×2)、電動ドリルドライバー、マスキングテープなど
アレンジ12

1.棚板、ツムハコ、棚板を乗せ、仮組みをしてミニワゴンのイメージを固めます。
棚板には表裏があるので間違えないように表示を確認します。

ツムハコは棚板の端よりも20mmくらい内側にすると安定感が増します。
位置が決まったらツムハコにある4箇所のネジ穴に印をつけておきます。
アレンジ13

2.印をつけておいたネジ穴に3mmドリルビットで下穴を開けます。

ネジ留めする前に多用途用両面テープを接地面に貼っておくことで強度が増すので、必ず使用してください。
アレンジ14
アレンジ15

3.付属のネジは棚板を貫通してしまいますので4×18mmくらいのタッピングトラスネジがオススメです。4箇所しっかり留めたら、2枚目の棚板にもネジ留めします。
アレンジ16アレンジ17

4.底面にキャスターを取り付けるための印をつけます。

キャスターはくるくる回る自在車を前方に、固定車を後方に取り付けるとふらふらとせずに動きが安定します。

ただし部屋中を頻繁に移動したいときは全て自在車の方が動かしやすいです。
キャスターは棚板の端よりも少し内側に取り付けるので、18mm幅のマスキングテープなどを使って目安にします。
アレンジ18

5.マスキングテープでキャスターを仮止めしたら、2mmドリルビットで下穴をあけ、長さ18mm以内のトラスネジ(またはナベネジ)で固定します。

まずネジをそれぞれ軽く留めます。そして順番に増し締めしていくと曲がらずに留めることができます。
アレンジ19アレンジ20

6.最後に付属の鉄板で蓋をしたら完成です!

小さなワゴンはサイドテーブルや飾り棚として便利です。組み合わせる棚板やツムハコのカラーによってバリエーションも広がります。

ツムハコで作ったシェルフにキャスターを付ける場合は、安全のため1段までとしてください。
アレンジ21
アレンジ22

「ツムハコ アレンジ編」いかがでしたか。

これはほんの一例ですがとても簡単ですので、基本形を守りながらも自分の思い通りにぜひアレンジしてみてください!
次回は”本格無垢板を使ったDIY”をご紹介いたします。


ツムハコバナー1

TANOK (たのっく)
TANOK(たのっく)はものづくりの楽しさを広めるために集まった番匠智香子、たまいかおり、嶋崎都志子の3人のDIYアドバイザー集団です。
フリーペーパーの発行やイベントの教室などを通して、暮らしのなかのちょっとした手づくりで温かい気持ちになれるもの工具を使って本格的につくるもの、など
いろいろな「たのしくつくるもの」を提案しています。