木工DIY ~ビスについて~


電動ドライバーを買ったはいいが、ビスにはいろいろな種類があり、どれを使っていいのか迷ってしまいます。ビスの種類を簡単に説明しますので参考にしてください。

ビスの種類

①木ネジ
木ネジ
木材に使うネジ全般です。先端から途中まで溝が切ってあるもので、タッピングビスに比べ先端に行くに従い細くなっていきます。

②タッピングビス
タッピングビス
1種から4種あり、一般に販売されているのは1種から3種です。
1種は先端が尖っており、溝のピッチが粗いものが1種となります。先端から根元まで溝が切ってあり、主に鉄材に使われます。(写真は1種)
溝のピッチが粗いため木ネジの代用にもなります。
2種、3種は先端が平坦になっています。4種はあまり出回っていないようです。

③コーススレッド
コーススレッド半ネジ
コーススレッド半ネジタイプ

コーススレッド全ネジ
コーススレッド全ネジタイプ

電動ドライバーを使って、木と木を接合するのに最適なビスです。
木ネジやタッピングビスと比べて細長く、溝は途中まで切ってある半ネジタイプと根本まで切ってある全ネジタイプがあります。コーススレッドの半ネジタイプが木ネジと大きく違うところは、溝の間隔が粗く、溝が切ってある方が根元の径よりも大きくなっており、材が割れにくくなっています。

通常木と木を接合するときに使うのは半ネジタイプのコーススレッドがあれば問題ありません。半ネジタイプは溝が途中まで切ってあるモノですが、木と木を接合するときに、半ネジタイプのものは隙間ができにくくなります。全ネジタイプは奥の木を引き付ける前に最初の木を引き付けてしまうため、隙間ができやすくなります。

全ネジタイプは鉄板と木を接合する等、最初の材にビスを食い込ませる必要が無い場合に使用します。

コーススレッドは短いもので25mmくらいになります。材の厚さによりコーススレッドは使えなくなりますので、その際は半ネジタイプのコーススレッドは木ネジに、全ネジタイプのコーススレッドはタッピングネジで代用することになります。しかし、堅木(オーク、メープルなど)の木を木ネジで接合することは難しくなります。ビスの軸径より少し小さい径の下穴をしっかりあけておく必要があります。

コーススレッドの選び方

①先端形状
コーススレッド先端形状
先割れ加工がしてある物は、削られた木屑が逃げることができるため、材が割れにくくなります。硬い木ほど材が割れやすくなりますので、先割れ加工がお勧めです。

②ネジ山の裏側の加工
コーススレッドネジ山裏加工
頭部の裏に加工された歯(フレキ)がある物は、材を座ぐりし頭部を沈み込ませ仕上がりが良くなります。

diylogo