DIYが苦手でもかんたんにできる机作り


003

暮らしの変化に手軽に対応出来る1つの机。折りたたみ机と1枚の板を合わせて、すぐにできる机をご紹介します。ここにあったら便利と思われる場所に手軽に設置。使わないときは、小さなスペースで保管。便利かつ素敵要素が加わると暮らしの楽しみにもつながる机を作ることができます。

集成材オーダーカットbnr
集成材オーダーカットのページへ

折りたたみ机と1枚の板を用意

001

使わないときは折りたためる便利さと本物の木の板を使ってちょっと嬉しくなる机があるとしたら、それは暮らしに合わせやすい机にすることができます。やり方は簡単。折りたたみ机(75cmx40cm)の上にそれより少し大きめの板(写真は90cmx60cm)を乗せるだけ。

002

折りたたみ机はホームセンターで手軽に買えるものでOK。1枚の板を載せることが、自分らしさ、暮らしを演出する大きな役割となります。

時には子ども机、時には家事机

003

子どもの学習机を買ったのはいいけれど、飾り机のままになっている・・・。まだ、小さいうちは、リビングやダイニングで勉強されるお子様も多いようです。そんな時に、折りたたみ机+板で欲しい場所に仮机を設置。仮机と言っても1枚の板を乗せるだけで、見た目は学習机と変わりません。暮らしていくうちに部屋で 勉強をする時が来れば、その時に学習机を用意されるのも、仮机での経験を活かし失敗しない机選びにつながっていきます。

また、家のなかであるようでない、家事机。家計簿や書類の管理ができる場所があると、料理の隙間時間を使って処理することもできます。そんな家事机、手軽さ+好きな木の板を組み合わせるだけで作れます。必要のないときはたたんでしまうこともできるので安心。楽しく家事ができるお気に入り場所を作ってみませんか?

机スペースは写真スタジオにも!!

004

手軽な机にこのお気に入りの板を1枚プラスするだけで、こんなことにも使えます。それは小さな写真スタジオ。窓辺に机を置いて、お気に入りのものを撮ります。木の味わいが写真を優しくしてくれる効果がプラスとなり、写真の腕も上がります。毎日のお弁当を撮って、お弁当レシピ。お子様の作品を写真に撮ってフォトブック。好きな雑貨を撮ってインスタ投稿。暮らしのエッセンスとしても使える机スペースです。

暮らしの変化に合わせて使えるかんたんにできる木の机は、長い暮らしの中で役割を変えながら使うことができます。

集成材オーダーカットbnr
集成材オーダーカットのページへ

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級