片づけ上手になる3つの収納ルール


ものの住所を決めることで、片づけ上手になることができます。

指定席を決める時の具体的な解決策をご紹介します。

無垢の木のデスクセットbnr2
よく使うものや作業用小物の指定席に。無垢の木のデスクセットは、こちらからお求めになれます。

 

片づいた部屋を実現している人たちの多くが、「収納上手でなくても部屋は片づきます」と、口を揃えて同じように言われます。

実は、片づく家には、共通するルールがあります。ここでは、ものの住所を決めるときの3つのコツをご紹介します。

出しっぱなしになっているものに、指定席を決める

「散らかりがちなものに、戻すべき住所は決まっていますか?」こうして聞いてみると、案外、戻すべき場所が決まっていないものがあります。

「とりあえず、ちょっとの間だけ」と指定席を決めないでいると、そこはOKサインが出ているかのように、積み重なっていきます。スペースいっぱいにものを収納していると、新たに入ってきたものがテーブルや床に溢れ家事の邪魔になることも。

「ちょっとだけの間だけ」というものも指定席を決めるなど、スペースに余裕をもたせておくことがコツ。
また、ものを買う時は置き場所を決めてから購入するようにしましょう。

201607_02_001_500

毎日の行動から収納場所を決める

ものは使うたびに指定席から出てきます。

元の場所に戻すことで部屋は片づき、戻さないと部屋は散らかるばかり。
行動する場所と収納する場所は、離れているほど戻すのは面倒になり後回しにしがちになります。

ものは、使う場所の近くに指定席を作ることが大切。例えば、ゴミ出しの新聞はそばに紐とハサミはセットで置いておきます。

1つの作業をするために、数カ所へものを取り行ったり戻しに動いたりするのではなく、新聞の保管場所に一緒に収納するだけで、動かなくてもその場で完結することができます。

201607_02_002_500

ものを詰め込みすぎない

指定席を決めても、ものが元に戻らない。もしかしたら、使いやすい場所に集中しがちになっているからかもしれません。

使いやすい場所では、ケースを外してカサを減らす工夫や、ものを使用頻度で分け、よく使うものだけを厳選して置くことで使いやすい収納となります。

同じ種類のもので量が多い時は、場所を分けて収納するのも有効です。スペースよりものが多い時は、よく使うものから収納場所を決めていきます。

201607_02_003_500

写真のようにハンカチを集めて収納するのではなく、使う量だけにして、残りは別場所で保管するだけで、使いやすくなります。

ものの指定席を1度しっかり決めることが、片づけ上手な家つくりのポイントになります。

無垢の木のデスクセットbnr2
よく使うものや作業用小物の指定席に。無垢の木のデスクセットは、こちらからお求めになれます。

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級