『立てる収納』はグッズをプラスして使い易さアップ


収納は、シンプルにモノを出す、仕舞う作業です。

数ある収納法の中でも管理がしやすく、収納力をアップできるのが『立てる収納』。つい重ねてしまい、ゴチャつきやすい引き出しも、立てて収納することで見た目もスッキリ。

さらに出し入れしやすい収納として使えます。

棚板リンク

無垢の木の棚板のページへ

引き出しの中を重ねる収納にしていると、「取り出したいものが見つからない」「つい上に重ねて置いてしまう」こんなことはないですか?

引き出しの中は探したいものが見つからないと、いつの間にかカオス状態になることも。すると、見えないことから使わなくなり、存在すら忘れてしまうことがあります。

こんなときに、役立つのが『立てる収納』です。

立てる収納で見える化

57c66abf

『立てる収納』でよく使われているのが、洋服の収納。
Tシャツを立てて収納する方法はご存知の方も多いと思います。

全体を見渡すことができるので、取りたいものが見つかりやすく、中身をしっかり把握することができます。「買ってみたら同じような服を持っていた」なんてことは、もうさよなら。

さらに、服を収めるときに一工夫すると、増えがちな服も見直しがラクになります。

全てのものを万遍なく使いたいときは、収めるときには後ろ側から収め、使うときは手前のものから取り出します。反対に、使ったものから手前に収めていくと、奥には使わないものが自然にたまっていきます。

使用頻度が見えてくると、必要かそうではないかの判断もラクにできそうですね。

見える化することで、ものを把握しやすくなる。取り出したいものがすぐに取り出せる。
嬉しい効果と同時に、見た目もすっきり収納することができます。

収納力をアップ

洋服の収納で使われることが多い『立てる収納』。積み重ねて収納するよりも、同じ形でたたみ立てることで無駄なスペースがなくなり、収納力をアップすることができます。

しかも、引き出しの深さに合わせて畳むと高さも有効活用できるので、大幅に収納力をあげることができます。
57c66ac0

『立てる収納』は小物にも使うことができます。

小さくバラバラしがちなものは、ケースに入れて『立てる収納』をすることで、省スペースでの収納が可能。さらに、「もっと高さを有効に使いたい」という空間があれば、ファイルボックスを合わせて使うことで、空間に合わせてカスタマイズすることもできます。

『立てる収納』に便利なグッズ

57c66ac1

『立てる収納』で、一緒に使いたい便利なものは仕切りになるもの。

出入りが多いものは倒れやすくなるので、ブックエンドやファイルボックスを使って倒れないようにします。高さや奥行きがある引き出しにはファイルボックスを使って中を仕切ると、高さも有効的に使えます。

その時に、紙のファイルボックスを使うと、使いたい高さに切ることができて便利。仕切りが入ることで、立てて収納しても倒れることはありません。
また、ファイルボックスを使ったフライパンや鍋の『立てる収納』は収納本でもよく紹介されているスタイルです。

「空間がうまく使えていない」「収納力をアップしたい」ときは、『立てる収納』を取り入れてみてくださいね。

棚板無垢
無垢の木の棚板のページへ

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級