動線を考えた収納は何から始める?


ライフスタイルが変わったり、家事を分担したりするときには、家の間取りと動線を書いて確認します。慣れていると気がつきにくい思い込みや動線にあった収納場所が見つかると、作業効率も上がってきます。

サニタリーセット
『無垢の木の収納』サニタリーセットへ>>

ライフスタイルが変わったり、暮らし方が変わったりすると、見直したいのが家事動線。

モノを見直すことがあっても、毎日の家事の動線は意外とそのままのことも。毎日の家事だからこそ、作業効率を上げて、ゆとりある時間を作りたいものです。

作業効率を上げるには動線にあったものの配置

20160802_001
家事動線にあった収納とは、作業をするときに、1カ所に立ったままで手だけを動かせば作業を終えられること。手足の動きが少なくて済むような物の置き場所、収納が理想的です。

例えば洗濯。クリーニング・部分洗い・漬け置き洗いなどの仕分けから始まり、洗濯物を干す・取り入れる作業、収める・アイロン…かなりの作業と時間を要します。いかに作業を効率よくできるかは、動線にあった物の配置が大切なのです。

その家事は誰がどこでしていますか?

ライフスタイルが変わると、家事1つの作業も、一人から共同分担となり作業する人が変わる事があります。上記の洗濯では、家族が増えると洗濯物も多くなれば、干す場所が変わることだってあります。

こうした変化に合わせて、小さな作業でも、見直してみる事が大切です。

例えば、洗濯物を干すためのハンガーにかける作業。作業がやりやすい場所は、人によって違うのです。「ここにあって当たり前」となっている物の置き場所に合わせて、作業をしていることはないですか?

どんな動線で動いているのかを確認しながら、作業する人にあった「ここにあれば便利・ラクな場所」を見つけていく事が作業を効率よく行えるポイント。自分にあった作業場所を探す事が重要なのです。

間取り図を書いてみよう

201608_01_003
毎日の家事だからこそ、使うものは動線が短い場所に置くのが基本です。

収納をする前に、かんたんな家の間取り図を描いてみましょう。実際の洗濯動線や掃除動線も書いてみます。

あららっ、こうして俯瞰してみることで、気がつくことはありませんか?例えば2往復していたことが、何かのついでにすることで行動をセットにできるかもしれません。

ライフスタイルが変わったときやお子様の成長に合わせて見直してみると、意外と「こうあるべき」という思い込みを持っています。そんなときに、間取り図を使って家全体を見ながら、動線をたどると、自分にとって都合よく空間や収納を変えていくことができます。

サニタリーセット
『無垢の木の収納』サニタリーセットのページへ>>

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級