投げっぱなしになりやすい物にはルールを作る


家の中で、物の住所が決まっていないものは、ついつい出しっぱなしになりがち。そうなると、「ここに置いてOK」のサインに変わり、物を重ねて置きがちになります。では、住所が決めにくいものにはどんなものがあるのでしょうか?

 

玄関廻り・廊下セット

お出かけ用の持ち物の収納に【無垢の木の収納】玄関廻り・廊下セットがオススメです!
コンパクトな飾り棚タイプから、コートを掛けられる壁面収納タイプまで、さまざまなデザインが揃っています。

 

家の中で出しっぱなしになりやすい・・・よくある理由は2つあります。
1つ目は、収納の出し入れが難しいから。2つ目は、使っている途中のものや、外出時には持ち出すものだから。

今回は、物の住所が決めにくい2つ目について、定位置を決めるポイントをご紹介します。

持ち出しセット置き場を作る

201609_2_1

普段持ち歩く小物類を置く場所は決まっていますか?

例えば、ご主人が普段持ち歩く、時計、財布、携帯、鍵など。帰宅後に、適当に置いてしまうと、翌日忘れてしまったり、出かけ際に探したりということも。

こんな時は、持ち出しセットの置き場所を作りましょう。置き場所は、玄関、クローゼットなど。その方の帰宅時、外出時の行動によって変わります。

大切なのは、セットにしておくこと。出かける時に、一目見て、空になるような工夫が大切。

持ち出しの小物のみを入れる引き出しにもするだけでもOK!トレーに入れるのもわかりやすいですね。

「どこにあると便利?」と聞いてみる

カバンを持ち歩かない場合、ポケットに入っている小物類はどこに置いたら良いのでしょう。

実は、正解はありません。家の間取りや、その方の行動によって置き場所は違うのです。

上着を置いている場所、部屋の出口・・・人によって「使いやすい」は違います。
大切なのは、持ち出すときに忘れない場所。

準備に合わせて、動線上に置き場所を作ることがポイントになります。

1度着た服・アイロン待ちの物の置き場所は?

201609_2_2

片づけられない、どこに置いたらいいのかわからない・・・ そんな理由から、投げっぱなしになりやすいものの代表に、1度着た服・アイロン待ちの服があります。収納に至る前の途中経過のものです。

そんな時は、「ちょい置き場」を作りましょう。

クローゼットのものとは、別管理。1度着た服も、ハンガーの色を変えたり、かける場所を変えたりして、分かりやすくしておくことがポイントです。

アイロン待ちの服は、アイロンを使う場所の近くに、フックなどを使って集めておけば、忘れることも無くなります。

投げっぱなしになりやすいものには、1度ルールを作りましょう。
そうすれば、「置いてOKサイン」がなくなり、気持ちのいい空間を保つことができます。

玄関廻り・廊下セット

お出かけ前の持ち物の収納にぴったりな【無垢の木の収納】玄関廻り・廊下セット
持ち出しセット置き場、コートやスーツのちょい置き場が欲しくなった方はこちらもご覧ください!

『収納コラム』のバックナンバーへ>>

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級