読書を楽しむための本の整理方法とは?


どうしても溜まってしまう本。散らかりやすい本。
収納方法、整理の簡単なルールで、本が選びやすい、本がもっと好きになる環境を作ることができます。

 

リビングダイニングセットbnr2
リビングダイニングにオープンシェルフをDIYしてみませんか?
本の収納スペースにもオススメの、リビングダイニングセットはこちら

 

「本の整理が苦手!読みたい本が見つかりません」はい、本の整理はルールが大切。溜まりがちな本は、一度整理する方法を決めることから始めます。

読みたい場所へ置き場所を作る

201610_02_001

本は1箇所に集めるのではなく、用途に応じて置き場所を作ると良いですよ。

例えば、キッチンにはレシピ本を置く場所を、リビングには座って本を読む場所の横に、一時的な置き場所を作ります。そして、小物やかごの中に収納します。

そうすることで、隙間時間もうまく読書時間に使えますし、読みかけのものも気兼ねなく置くことができるので、散らかりにくい仕組みにつながります。

増えがちな本は見直しがポイント

本好きな人にとっては悩ましい問題。いつの間にか増える本は、見直しが必要となっていきます。

そんな見直しには、置き換え収納が便利。置き換え収納とは、場所を置き換えて管理する方法です。

例えば、日常よく読む本や読みたい本を置く本棚。ここには「本棚に入るだけ」の本を置きます。はみ出すくらいにたまったら、本を見直す時期が来たということ。ここに置きたい本を入るだけ、選んでいきます。

選ばなかった本は、手放すもの、取っておくものに分けてみます。手放すものは、どんな方法で手放すのか、ここも一度整理しておくことでスムーズに行動を起こすことができます。また、取っておくものは、別の場所、もしくは箱に保管収納。

こうして置き換えていくことは、今読みたい本を選びやすくしていく作業になります。読書を楽しむためにも、見直しは大切ですね。

ただ、持っている本を眺めるだけでも、気分が上がる方もいらっしゃいます。そんな方は、思い切って、本棚を作ってみましょう。好きなものを減らすのではなく、本以外のものを見直すという発想で、新たに空間を作ります。

綺麗に片づけることよりも、本が読みやすい環境を作ることを考えて、見直すことがポイントです。

収納にも一工夫

本の表紙にはいろんな色があります。大きさも厚さもバラバラ。並べてみると、見た目が雑多な印象となることも!こんな時には、高さを揃えたりカバーをつけたりすると、ビジュアルが整います。

そこにインテリアに馴染む小物やブックエンドを置くと、目線がそちらへ行きやすくなるので試してみてください。お店のように、本と小物を一緒に飾れば、楽しむ収納にすることができますよ。

本を読む時間は充実した時間。本の置き場所、整理に対するストレスをなくし読書時間をもっと楽しみたいですね。

 

リビングダイニングセットbnr2本棚にもなるオープンシェルフをDIYして、本の収納場所を増やしてみませんか?
リビングにオススメのオープンシェルフ、『リビングダイニングセット』はこちら

『収納コラム』のバックナンバーへ>>

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級