スペースを賢く使った収納


物に合わせたパズル収納から人に合わせた納得収納へ。空間を有効活用しましょう。賢く収納するための工夫をご紹介します。

* * *

無垢の木のDIYショップ_無垢の木の収納の画像
今ある収納に無理にしまおうとしていませんか?無垢の木の収納で暮らしに合わせた収納空間を作って、オシャレに賢く収納しましょう。

* * *

収納は空間や場所を有効に使いたいもの。とは言っても、スペースの広さやしまうものの大きさに合わせる収納は、パズルのような収納になりがち。

使いやすさを考えると、物の大きさに合わせるのではなく、使う人に合わせた賢い収納方法を取り入れたいですよね。

物を賢く納めることができる3つの工夫をご紹介します。

分けられるものは分けてみる

201612_001
「このスペースに入ればいいのに、入りそうにない」よくあるお悩みの1つです。

例えば、雛人形。使用頻度が低いからと納戸の奥へと押し込もうものなら、出すこと自体が億劫になりがち。最初に購入した大きな箱のままで納めるとなると、収納できる場所も限られてきます。

そんなときは、細かく分けていきましょう。最近では100円均一でも手頃な箱を買うことができます。この箱に分けて収納。

大きいと持ち運びも大変ですが、分けることで出し入れもしやすくなり、使いにくい天袋や奥のスペースも有効活用できます。

出し忘れる心配があるときは、通し番号を書いておくと安心。分けることで空間を賢く使いながら、収納していきます。

省スペースに賢く収納!キャスターを付けてみる

201612_002
重い物は低い場所に置くのが収納の基本。とはいえ、低い場所は、意外と取り出しにくい場所。

そんなときは、キャスターを使ってみましょう。

ものをラクに取り出すことができるので、奥行きがあるスペースほどキャスターが実力を発揮し、空間を有効に使うことができます。

キャスターは、スペースを賢く使って収納できる心強いアイテムです。

扉の内側を使った収納方法

201612_003
小さいもの・見せたくないものの収納は扉の内側を使って収納します。

扉内は開けないと見えない場所。見た目がごちゃつきやすいカレンダーやすぐ見たいプリント類も、よく開ける扉の内側に貼り付ければ見た目もスッキリ。

「見たいときにすぐ見ることができる」ラク収納として使えます。

キッチンでは調理道具、調理の小道具などを吊るす収納でもよし!

玄関では「扉の内側部分を収納スペース」として使い、印鑑やペンを収納しておけば、宅配が来たときの受け取りもラクにできます。

思い込みや発想の限界を飛び越え、視点を変えることで、空間を有効活用し上手に収納したいですね。

* * *

無垢の木のDIYショップ_無垢の木の収納の画像
空間を有効に使うために、お家に収納をプラスしませんか?収納棚をDIYするなら無垢の木のDIYショップへ。

* * *

『収納コラム』のバックナンバーへ>>

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級