仕切り収納いろいろ 仕切って楽ラク 心もすっきり収納


引き出しの中というと、何度も出し入れするうちにごちゃついてしまう最大の場所。「仕切る」ことで見えないところもすっきり片付けるヒントをご紹介します。

* * *

オモイノ

ブックエンドのように使える棚受け『オモイノ』。薄いプレート状なので、棚板を支えながら収納物を仕切る役割も果たします。

* * *

引き出しの中がごちゃつく時は、仕切りを作ってみましょう。

外から見えない場所を整えておくことは、実は、見えている場所が散らからない一番の近道。仕切る方法も、入れるものや場所によってたくさんあります。

市販のケースを使って仕切ります

201702_01_023_001
例えば、ナイフやフォークなどといったカトラリー。

専用の収納トレーも市販されていますが、今回使うのは四角いケース。箸・スプーン・フォーク と分けて収納します。

スペースやカトラリーの種類に応じてケースを選んでいきましょう。毎日使うものは、気がつくと散らかってしまいがち。出し入れを考えて、よく使うものは手前に配置を決めていきます。

水回りで使うものなら、洗えるもので仕切ると手入れも安心です。引き出しを開けた時、カトラリーが綺麗に並んでいると、すっきりした気持ちになりますね。

「仕切る」に使うのは箱だけではありません

57c66abf
例えば、洗面台にある引き出し。

タオルは重ねて置きがちですが、立てて収納することもできます。大きさ・家族別に分けても良いですね。

ここで使う仕切りは、ブックエンド。量によって仕切りの位置を変えられるだけでなく、倒れることも防いでくれます。

支えながら仕切れるので、見た目もすっきりして見えます。

大きさが合わない時は、簡単工作で仕切りを作ります

201702_01_023-003
小物を引き出しに収納する時、入れる物の大きさがバラバラで、市販のもので仕切ることが難しい場合があります。

そんな時は、自分サイズの仕切りを簡単な方法で作ってみましょう。

例えば、お好みのフェルトを引き出しにあったサイズに切ります。工作用の板やプラスチック板を、仕切りの部分の大きさに合わせてカットして中敷にします。仕切り部分に両面テープを貼って取り付けるだけで完成。

フェルトだと物を出し入れする時も静かです。好きな色を選んで使うと、引き出しを開けた時のテンションも上がってきます。

まずは小さな引き出しから、仕切りを使って収納を見直して、空間も心もすっきりさせませんか?

* * *

オモイノ

ブックエンドのように使える棚受け『オモイノ』。薄いプレート状なので、棚板を支えながら収納物を仕切る役割も果たします。

* * *

『収納コラム』のバックナンバーへ>>

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級