基本 RGB

スッキリした収納に欠かせない「収納前の鉄即」とは?


「スッキリした部屋」には、収納に至るまでの鉄則・基本があります。この収納前の鉄則を知るだけでも、部屋の「ストレスフリー」「スッキリ」空間への近道になります。

今日は、そんな収納前の鉄即をご紹介します。

「手放す」と「捨てる」は違うこと

基本 RGB
片づけ作業はどこから始めればいいのでしょうか?

ほとんどの方が、持ち物を「要る」「要らない」で分けることから始めます。頭の中で考えている基準が、はっきりしているほど、「スッキリ」した部屋は実現しやすいのです。

そう、「必要なもの」がどんなものなのか選ぶことができれば、片づけそのものには時間がかからないのです。

ところが、基準が曖昧なまま持ち物を分けることを始めると、「わが家では使わないけど捨てるのはもったいない」こんな意識が働いてしまうことがあります。

すると、「要る・要らない」 の基準がいつの間にか、「もったいない」に変わることも。これは、「要らない」としたものが「捨てる」ものだと勘違いしやすいことが原因。

「要らない」を「手放しても良いもの」と変えて見るだけで、あなたにとって必要なものが選びやすくなるのです。

手放すものをおくスペースが必要

5905b8ec
家の中に「捨てられないから使おう」と思うものが、点在していることはありませんか?

例えば、タオル。「雑巾にして使える」と思うのですが、実際に「使う」までには、「使いやすくする仕組み」が必要となります。

「いつか使おう」「もったいないからとっておく」では、いつの間にか溜まりがち。物が増えていくと、本当に使いたいものが使いにくくなっていきます。

そう、これが「スッキリ」しない要因なのです。「手放しても良い物」は、普段の生活用品とは別にすることが必要です。

手放すことは捨てることではありません。まずは、手放せるものがどんなものがあるのかを知れば、「リユース」「リサイクル」「人にあげる」等、手段を選ぶことができます。

必要な人に使ってもらえる方法が見つかると、気持ちよく手放せることも!!そのために、「手放すBOX」「手放すコーナー」を家の中に設けることからスタートしましょう!

「手放す」ものを分けてみよう

5905b8ed
手放すものが集まったら、さらに、手放す方法によって物を分けていきます。

こうして「わが家に要らない」ものも「必要な人」に届きやすい仕組みができれば、家の中は「必要なもの」で充たされ、気持ちも見た目も、あなたにとっての「スッキリ空間」が実現しやすくなります。

物を選ぶ基準がはっきりすると、「ストレスフリー」「スッキリ」とした空間となり、さらに、自分らしいステキな部屋が実現しやすくなります。自分にとって必要なものの収納は、楽しみも倍増しますよ。

無垢の木の収納4
<無垢の木の棚板と金物で作る『無垢の木の収納』。お部屋の雰囲気に合わせて多彩な組み合わせが可能です。>

『収納コラム』のバックナンバーへ>>

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級