201705_02_001

「書類整理苦手」は、分けるコツで解決


放っておくと増え続ける書類も、最初の分け方を知ると整理は簡単です。

書類の特徴によって分けた後は、置き換えていくシステムで、苦手な書類整理を克服できるコツをお伝えします。

増え続ける書類の整理は、「分け方」が重要

201705_02_001
家の整理で苦手なものの代表が「書類」。

DM、学校や会社から持ち帰るプリント、取扱説明書や契約書等、増え続けていく書類。

細かく分けすぎたり、とりあえず分けたりするやり方は、気がつくと家の中で書類が散らばってしまい、いくら探しても見つからない原因になってしまいます!

必要な書類をすぐ取り出すためには、わかりやすい分け方が重要!迷わない書類の分け方は、最初に大きく3つに分けることから始めます。

3つに大分類することからスタート

最初に、家の中に入ってくる書類・DMで必要ないものは処分します。

迷う書類や念のためにとって置く書類がある場合は、ここで別にしておきます。

こうして残された書類を、3つに分けていきます。

・繰り返し見るもの・・・例)スケジュール表、料理のレシピ
・作業進行中・待機のもの
・保存・保管するもの・・・例)思い出のもの、保険・家の書類

書類の整理が苦手な人は、「この3つの書類にはどんなものがあるのか」を書き出して見ることがコツ。頭の中の整理にもつながり、日々書類を分けることが簡単にできるようになります。

書類の収納場所は置き換えシステム

3つに分けた書類はそれぞれ適したスペースに収納します。

繰り返し見るものは、取り出しやすい、引き出しや机の上で管理。
201705_02_002

使ったあと、元に戻しやすい場所に収納します。

作業進行中・待機中のものは、それぞれ分けて、ファイルボックスやファイルに入れます。こちらも取り出しやすい場所に収納します。

この作業進行中のものから、作業を終えたものは、廃棄するものと保存・保管に分けます。保存・保管しておくものは、使用頻度によって収納場所を決めていくのですが、別のスペースに置き換えます。

限られた家の中の空間なので、使用頻度が少ない保管・保存書類は、リビングやダイニングから離れた場所でも大丈夫。

ファイルボックスなどを利用して、探すことなく取り出せるようにしておけば安心です。
201705_02_003
書類は、最初の分類が大事です。場所を置き換えていくことで、今必要な書類を取りやすくする仕組みを作ることができます。

無垢の木のデスク2
書類整理にも便利な引出し付きのデスクです。詳しくはこちらをご覧ください。

『収納コラム』のバックナンバーへ>>

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級