201706_01_001

クローゼットのお悩み解決「毎日の洋服選びが楽しくなる整え方」


着たい服がすぐに見つかり、コーディネートに悩まない。洗濯された服が、元に戻りやすい仕組みができているクローゼットだと、毎日がどれほど快適に過ごせるでしょう。

着たい服がすぐに見つかるクローゼットにするには、収納の仕方だけでなく、ライフステージに合っているかが大切です。洋服が選びやすいクローゼット作りの基本をご紹介します。

「洋服が片づかない」理由は、導線を見直すことから

201706_01_001
家中で散らかりやすいもののトップは「衣類」。

生活動線をシュミレーションしてみてください。動線を考えない収納システムだと、収めるのが面倒だと思う気持ちから、ソファの上に投げっぱなしになっていたり、カゴの中に入れっぱなしにしたりしてしまうことも。これは、片づけサポートに行くとよくあることです。

いつのまにか、洋服の山ができ、そこから服を取り出す毎日が続くと、洋服がクローゼットを経過しない生活になります。気がつけば、クローゼットは納戸状態になっていることも。

クローゼットは、衣類を一括管理する場所です。家事動線を考えながら、「ここにあると便利」な場所を、見つけてみることから始めてみましょう。

自分にあった片づけ方を見つけよう

white wardrobe with shirts and pants hanging on rail

生活動線に合ったクローゼットの場所を見つけたら、次は洋服の管理です。洋服の枚数は、少ない方が良いと思われがちですが、それも人それぞれ。洋服を、多く持つことが快適な人もいます。

とはいえ、「服を買って帰ってきたら、すでに同じような服を持っていた」という経験がある方もいるのではないでしょうか?意外とご自分が持っている洋服をきちんと把握できていないものです。

そう、洋服は、自分で管理できる「量」と「方法」を知ることが大切なのです。人によって管理のやりやすい方法は違います。枚数を知ることで管理できる人。ここに入るだけと決めて、空間で管理ができる人。アプリなどを利用して、写真で管理できる人。

何をどれくらい持っているか、覚えてなくても、調べたり思い出したりできることが管理しやすいコツになります。さらに、「見えないと忘れてしまう人」「服を持つ理由を考えると収める場所が考えやすい人」「色別に管理した方がわかりやすい人」。

今まで、うまくいったこと、できなかったことを思い出し、あなたの管理しやすい方法を見つけてみましょう。

クローゼットの中は、ライフスタイルに合っている?


今のクローゼットの中は、着たい洋服が入っていますか?

生活環境が変わると、着たい洋服も変わることが多いです。例えば、働く女性も結婚して専業主婦となると、スーツなどの仕事着はほぼ必要なくなり、持つべき服の割合が変わってきます。

今着ない服が「着られるから」という理由で、クローゼットの中を占領してしまうと、自然と収納可能な量は超えてしまいます。クローゼットは、ライフステージが変わった時に見直し、今から着たい服が揃っているか、一度チェックしてみてください。

毎日の洋服選びが楽しくなる整え方で、使いやすいクローゼットにしたいものです。
寝室セット
持ち物の変化に合わせて形が変えられる『無垢の木の収納』。棚柱と棚板を組み合わせてクローゼット風の収納が作れます!詳しくはこちらをご覧ください。

『収納コラム』のバックナンバーへ>>

秋山 陽子
収納も考え方も整理してみんなハッピーに!!
「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて」「片づけ本を読んでも、どうも上手くいかない」。そんなお悩みを、今よりもっと楽にもっと心地よい暮らしへと、「かんたん・楽しく・おもしろく」をモットーに暮らしのサポーターとして活動中。

【所有資格】
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師
メンタルオーガナイザー
フォトスタイリスト協会インストラクター
整理収納アドバイザー2級