木を育てている会社の無垢の木のお店です

カート

無垢の木の特徴

当店では無垢の木を中心に、自然素材にこだわった商品を取り扱っています。当店の無垢の木の特徴をご覧下さい。

植林から行っている

無垢の木のDIYショップ(運営:株式会社ウッドワン)では木を育てるところから行っています。ニュージーランドで約4万ヘクタールの森林経営を行い、「植林」「育林」「間伐」「伐採」そして「植林」という地球環境を守る循環型の林業を実現しています。
そんな木を知りつくした当社が、価値ある”もの”をお客様に提供するために当サイトを立ち上げました。
>> 植林は30年かけて行っています。

ニュージーランド植林地の風景

ニュージーパイン 木

ニュージーランド植林地のスタッフ

ニュージーパインの切り出した板のイメージ

節が無い…「無節」

節が有る…「有節」

調湿してくれる

無垢材が切り出される前の一本の木は同じ場所で何十年も生き続けてきました。切り出された後も、まるで生きているかのように湿気を吸ったり出したりしています。これが調湿作用となって私たちの暮らしを守ってくれます。
部屋の湿度が高ければ除湿し、乾燥していれば加湿してくれます。

無垢の木は水気を吸収、放出し、調湿してくれます

触れると、手のひらにじんわり伝わるあたたかさ。木の内部にはごく小さな孔が無数にあり、その中には空気が封じ込められています。空気は熱を伝えにくい性質があるので、これが断熱性・保温性となり、暮らしのいろんな場面で役立つとともにあたたかみを与えてくれます。
また木には人のからだに有害な紫外線を吸収する性質もあります。室内に木を使っていると、蛍光灯や太陽光に含まれる紫外線を木が吸収してくれるので、目が疲れにくくなります。

木には人のからだに有害な紫外線を吸収する性質もあります

柾目(まさめ)の一本木

木を知りつくした当社がつくる無垢材は継ぎ目のない一本物、均一でまっすぐな柾目、美しく加工のしやすい無節の逸品です。
単板を何枚も継いで長さや厚みを表現した加工材とは異なり、等間隔でまっすぐ伸びた木目、美しく広がる繊細な色のグラデーション、輝きや照り、艶にいたるまですべてが天然。本物であることをその存在感が示しています。深い奥行や、天然のぬくもりと柔らかさが心地よく伝わる質感は、厚みのある無垢の一本物でしか味わえない魅力です。

柾目(まさめ)…年数経過で板が反りにくい

板目(いため)…年数経過で板が反りやすい

丸太の中心に向かって挽いたときに現れる、年輪が平行な木目は「柾目」。丸太の中心からずれて挽き、年輪が山形や筍形になるのが「板目」。板目方向に挽いた木は、柾目方向の2倍も縮みやすく、寸法変化や反り、狂いが起こりやすくなります。そのためウッドワンがこだわっているのが「柾目取り」。とれる量が少ないのですが、木目が均一でまっすぐな、寸法変化の少ない優れた無垢材となります。

年輪の反りイメージ

安全基準

ウッドワンが提供する商品は全てホルムアルデヒドの放散量が最も少ない区分であるF☆☆☆☆(エフフォースター)対応商品です。シックハウスを気にしているご家庭で安心してご使用いただけます。価値ある”もの”を安心して使っていただくことで、かけがえない”こと”を提供します。

お子様も安心して無垢の木の空間で遊ぶことができます

一緒に歳をとる

大自然の中で何十年も生き続けてきた無垢の木は形を変えて、私たちの暮らしに寄り添い、そして家族と一緒に歳をとります。当社の無垢の木は使い込むほどにしっとりと落ち着いた色に変わっていきます。これは経年美化と呼ばれます。木の使い方や置かれる場所によって色の変化もさまざま。「わが家だけの色」になっていき、10年後、20年後、その表情には、家族の歴史もしっかりと映し出されていることでしょう。人に近いから、無垢を好きになるのでしょう。

経年美化…しっとりと落ち着いた色に変化していく

最後に

このように無垢の木が暮らしに寄り添う特性を持っていることはもちろん、無垢の木の魅力は何といってもその豊かな表情。大自然の中で生きてきたからこそのふたつとないその個性が私たちの目を和ませ、楽しませ、愛着を育んでくれます。

たべること、そだてること、つかうこと、あそぶこと・・・。暮らしの中に溶け込むいろんな”こと”。
そこにちょっとしたスパイスを効かせるように、遊び心やこだわりや、ふとした思いつきだったりをプラスできれば、ありふれた”こと”たちはかけがえのない愉しみへと変わってゆきます。
かけがえのない1日を心地よい住まいから。
くらしのスタイルを提案し、お客様のお役にたてるよう当サイトを展開していきます。

トップに戻る